読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FlashDevelop RC1で携帯用Flash Liteの開発

FlashDevelop FlashLite

携帯用のFlash「Flash Lite」はFLASHでの開発が一般的だと思いますが、私はFLASHでの開発を殆ど行ったことがない為、できればFlashDevelopで開発を行いたい。調査してみた結果、FlashDevelopでも開発できる事が分かり、簡単なサンプルを作成してみました。結構簡単でした。

忘れないようにメモ。

(環境ですが、WindowsのXPでもVISTAでもFlashDevelopのBetaでもRC1でも特に違いはなさそうです。)

はじめに

まず、FlashDevelopにてActionScript3のコンパイルに使用するのはAdobeが公開しているFlexSDKを使用していますが、ActionScript2の場合、MTASCというフリーのFlashコンパイラ(Motion-Twin ActionScript2 Compiler)を使用しているそうです。
っていってもFlexSDKのように面倒な手順は必要なく、最初からFlashDevelopに入っているそうで(開発元は違うみたい)特に意識する必要はありません。

また、単純にFlashLiteと言ってもバージョンがいくつもあってキャリア毎に対応状況も変わってきます、以下にまとめてみます。

  • docomo
    • FlashLite1.0 (Flash4相当)
    • FlashLite1.1 (Flash4相当)
    • FlashLite3.0 (Flash8相当)
  • au
    • FlashLite1.1 (Flash4相当)
    • FlashLite2.0 (Flash7相当)
  • softbank
    • FlashLite1.1 (Flash4相当)
    • FlashLite2.0 (Flash7相当)

ちなみに今のところFlashLiteのバージョン1〜3はFlash4,7,8相当なので、ActionScript2になります。私は最近プログラムをはじめたのでActionScript2は分からず、古いバージョン程ActionScript3と勝手が違うようなイメージだったのでFlashLite2.0での開発を行いました。

FlashDevelopでの開発手順

1.プロジェクトの作成

いつも通りだけど、ActionScript2なんでこんな感じで「AS2 Project」を選択。
f:id:y_d:20090215040632j:image

2.コーディング

Main.asが作成されているので、後はActionScript3と同様にコーディング。

3.画像やswfファイルの埋め込み

画像の埋め込み方が違うようでActionScript3の場合はこんな感じでしたが、

[Embed(source="/img.png")]private var Image:Class;

ActionScript2の場合は「SWFMILL」なるものを利用します。といってもこれもFlashDevelopに同梱されています。
SWFMILLってなにかというと画像とかをswfファイルにしたりするものらしい。

このあたりの説明は以下で詳しく解説されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/k3_labs/3077231.html

ただ、私の環境がVISTAだからか、FlashDevelopRC1だからか、SWFMILLのパスを通していない為か分かりませんが、swfmill.exeへのパスの指定に違いがありました。
次の様にしたら問題なくswfファイルの作成が完了しました。

"$(ToolsDir)\swfmill\swfmill.exe" simple $(ProjectDir)\swfmill\swfmill.xml $(OutputDir)\..\swfmill\swfmill.swf
4.埋め込んだ画像やswfファイルの使用方法

埋め込んだファイルの使い方はこんな感じ。

<library>
	<clip id="Image" import="img.png" />
</library>

上のようにして埋め込んだ場合下のように使用します。

_root.attachMovie("Image", "name", _root.getNextHighestDepth());

以上になります。