読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHPの画像処理ライブラリ「DmImage」を公開しました

PHP DmImage ActionScript3 Libraries

f:id:y_d:20121114001018p:plain
PHPで画像処理といえば

辺りを使うのが一般的でしょうか。軽いノリで小さいアプリを実装する時はGDをが向いてると思います。
でもGDってなかなかクセがありませんか?何が違うのか分からない様な似た名前の関数があったり、半透明画像を扱う際は必ず呼ばないといけない関数があったり、テキストの描画が面倒、色の指定が面倒、など。

その辺のややこしい処理をラップして、よく使う機能を実装したライブラリ「DmImage」を作りました。

このライブラリを使うと色々出来ますが、

  • 画像リサイズ
  • ファイル出力
  • DataSchemeURI変換
  • ActionScriptやCanvasAPIの様な図形描画、色指定
  • Instagram風の画像加工
  • フォントのバンドルによる綺麗なフォント描画

辺りが特徴になるかと思っています。

では、早速使い方の説明です。

使い方

使い方1 〜 画像の表示

サイズが横400x縦300で、色が0099FFで、透明度がFF(つまり透明ではない)の画像を作成し、出力している例です。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113234651p:plain

使い方2 〜 DataSchemeURIを使った表示

DataSchemeURIを使った出力にも対応していますので、タグに直接画像を埋め込む事ができます。
なお、この機能を使用する際、ライブラリ内のディレクトリに一時ファイルを作成しますのでディレクトリの権限設定にご注意ください。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
 
?><!DOCTYPE html>
<head>
	<meta charset="UTF-8" />
</head>
<body>
	
	DATA SCHEME URIで表示
	<br>
	<img src="<?= $image->toDataSchemeURI() ?>">
	
</body>
</html>

このコードで出力すると実際に出力されるimgタグは次のようになっています。

<img src="data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAAZAAAAEs
CAYAAADtt+XCAAAEPElEQVR4Xu3VMQ3AMBDAwDT8CRTtl0CkqJ7vZu9+1juzAOCn
fQsA4MRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRA
AEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDE
QABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASA
xEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwE
gMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgM
BIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABI
DASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAA
SAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRA
AEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDE
QABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASA
xEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwE
gMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgM
BIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABI
DASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAA
SAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRA
AEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDE
QABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASA
xEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwE
gMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgM
BIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABI
DASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAA
SAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASAxEAASAwEgMRAAEgMBIDEQABIDASA5AOLiwTvg1Oq
XwAAAABJRU5ErkJggg==">

f:id:y_d:20121113234738p:plain

使い方3 〜 画像のファイル出力

生成したインスタンスは画像ファイルとしても出力可能です。
下記の例ではpng画像1枚、jpg画像2枚、gif画像1枚をサーバー上にファイル出力しています。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->textGraphics
	->setColor(0xFFFFFFFF)
	->setFontSize(30)
	->textTo(80, 150, 'Hello world.')
;
$image->saveTo('/path/to/dir/saved_image.png');
$image->saveTo('/path/to/dir/saved_image.jpg');
$image->saveTo('/path/to/dir/saved_image.jpeg');
$image->saveTo('/path/to/dir/saved_image.gif');

f:id:y_d:20121113234823p:plain

使い方4 〜 ダウンロードダイアログからの画像ダウンロード

下記のコードで画像がブラウザへダウンロードされます。
下記の例ではjpg形式で画像クオリティを50/100でブラウザへのダウンロードを行なっています。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->startDownload('download','jpg',50);

f:id:y_d:20121113234837p:plain

使い方5 〜 背景色指定の一例

色指定の方法は0xFF001122のような16進数指定以外にも、Dm_Colorクラスを使用すれば色の微調整が可能です。

<?php
$color = Dm_Color::argb(1, 255, 0, 0); //RGB指定
$color->v *= 0.5; //明度を半分に(HSV)
$image = new Dm_Image(400,300, $color->toInt());
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113234853p:plain

使い方6 〜 四角形の描画

XY座標を指定して画像へ四角形を描画します。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->graphics->drawRect(20, 100, 360, 100);
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113234920p:plain

使い方7 〜 図形描画時のstyle指定

描画前に塗りの色と線の色を指定し、図形描画できます。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->graphics
	->lineStyle(0,0)
	->fillStyle(0xFFFFFFFF)
	->drawRect(70, 40, 200, 150)
	->lineStyle(10,0x6600FFFF)
	->fillStyle(0)
	->drawRect(100, 70, 200, 150)
	->lineStyle(20,0xFF3300FF)
	->fillStyle(0x9900AAFF)
	->drawRect(130, 100, 200, 150)
;
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113234937p:plain

使い方8 〜 基本図形の描画

色々な図形を描画できます。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->graphics
	->lineStyle(1,0xFFFFFFFF)
	->fillStyle(0xFF66BBFF)
	->drawRect(10, 10, 190, 140)
	->drawCircle(100, 225, 50)
	->drawEllipse(300, 75, 150, 100)
	->drawPie(300, 225, 150, 100, 0, 135)
;
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113234951p:plain

使い方9 〜 直線図形の描画

直線を使って複雑な図形の描画も可能です。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->graphics
	->lineStyle(1,0xFFFFFFFF)
	->fillStyle(0x99001199)
	->beginLineFill()
	->moveTo(200, 10)
	->lineTo(230, 100)
	->lineTo(340, 100)
	->lineTo(250, 160)
	->lineTo(300, 290)
	->lineTo(200, 190)
	->lineTo(100, 290)
	->lineTo(150, 160)
	->lineTo(60,  100)
	->lineTo(170, 100)
	->lineTo(200, 10)
	->endLineFill()
;
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113234958p:plain

使い方10 〜 テキストの描画

文字の描画もできます。
GDでテキストを描画するのは面倒ですが、ライブラリ内にフォントが組み込んでいることで簡単に描画できます。

<?php
$image = new Dm_Image(400,300, 0xFF0099FF);
$image->textGraphics
	//->setFontFile('path/to/fontfile.ttf') //フォント指定したい場合
	->setColor(0xFFFFFFFF)
	->setFontSize(30)
	->textTo(70, 230, 'Hello world.',45)
	->setColor(0xFF000000)
	->textTo(244, 210, '日本語。',45)
	->setColor(0xFFFFFFFF)
	->textTo(240, 210, '日本語。',45)
;
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113235014p:plain

使い方11 〜 filterを使った画像のリサイズ

filter機能を使うと画像の加工も簡単にできます。
デフォルトで画像のリサイズや切り抜きを行うクラスが用意されています。
下記の例では2つのfilterを組み合わせ、200x200に収まるサイズに画像をリサイズしています。

<?php
$originalImagePath = './horse.jpeg';
$width = 200;
$height = 200;
$fitFilter = new Dm_Image_Filter_Fit($width,$height,true);
$cropFilter = new Dm_Image_Filter_Crop($width,$height);
 
$image = new Dm_Image_File($originalImagePath);
$image->applyFilters(array(
		$fitFilter,
		$cropFilter
	));
 
?><!DOCTYPE html>
<head>
	<meta charset="UTF-8" />
</head>
<body>
	<div>
		元画像<br>
		<img src="<?=$originalImagePath?>">
	</div>
	<div>
		Filter適用後(縦<?=$width?> x 横<?=$height?> に収まるようにリサイズ)<br>
		<img src="<?=$image->toDataSchemeURI()?>" />
	</div>
</body>
</html>

f:id:y_d:20121113235050p:plain

使い方12 〜 Instagram風の画像加工フィルタ

Instagramっぽく画像を加工するクラスが3つ用意されています。
色の加工とフレームの組み合わせは変更可能です。

<?php
$originalImagePath = './horse.jpeg';
$filter1 = new Dm_Image_Filter_InstagramLoFi(300,1);
$filter2 = new Dm_Image_Filter_InstagramWalden(300,2);
$filter3 = new Dm_Image_Filter_InstagramToaster(300);
 
$image1 = new Dm_Image_File($originalImagePath);
$image1->applyFilter($filter1);
$image2 = new Dm_Image_File($originalImagePath);
$image2->applyFilter($filter2);
$image3 = new Dm_Image_File($originalImagePath);
$image3->applyFilter($filter3);
 
?><!DOCTYPE html>
<head>
	<meta charset="UTF-8" />
</head>
<body>
	<div>
		元画像<br>
		<img src="<?=$originalImagePath?>">
	</div>
	<div>
		Instagram風Filter適用後<br>
		<img src="<?=$image1->toDataSchemeURI()?>" />
		<img src="<?=$image2->toDataSchemeURI()?>" />
		<img src="<?=$image3->toDataSchemeURI()?>" />
	</div>
</body>
</html>

f:id:y_d:20121114232143p:plain

使い方13 〜 2枚の画像を合成

2枚の画像を合成できます。
下記の例では写真の上に半透明のロゴ画像を合成しています。

<?php
$filter = new Dm_Image_Filter_Fit(400,400);
$image = new Dm_Image_File(dirname(__FILE__).'/horse.jpeg');
$image->applyFilter($filter);
 
$logoImage = new Dm_Image_File(dirname(__FILE__).'/php.gif');
$image->draw($logoImage,20,20);
 
$image->display();
exit;

f:id:y_d:20121113235103p:plain

include方法

一応PSR-0に準拠したつもりなので、Zendのオートローダー等で自動で読み込めると思います。
namespaceは使用していませんが、SplClassLoaderを使う場合と使わない場合はそれぞれこんな感じです。お好きな方法で読み込んでください。

<?php
// SplClassLoaderを使用する場合
require_once 'SplClassLoader.php';
$DmDirPath = '/path/to/lib/';
$classLoader = new SplClassLoader(null, $DmDirPath);
$classLoader->register();

または

<?php
// SplClassLoaderを使用せず、1ファイル毎読み込む場合
$DmDirPath = '/path/to/lib/';
require_once $DmDirPath.'Dm/Color.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Graphic/Interface.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Graphic/Text.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Graphic/Shape.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/File.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Filter/Abstract.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Filter/Fit.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Filter/Crop.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Filter/InstagramNormal.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Filter/InstagramLoFi.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Filter/InstagramWalden.php';
require_once $DmDirPath.'Dm/Image/Filter/InstagramToaster.php';


以上です。
サンプル: http://demouth.github.com/DmImage/
github: https://github.com/demouth/DmImage/